中学1年生 英語の決まり2021年09月11日

今、城東中学はテスト対策の授業をしています。中1生の英語は一般動詞と疑問詞のところです。
ここまでは、英語に何となくついてこれたと思うのですが、この辺りから
覚えておかないといけない英語の決まりがいくつか出てきます。
それは、「副詞」の存在です。
形容詞は単独で使われたり、名詞の前についたりしますね。
This  flower  is beautiful。や、 That is a nice boy。

でも、副詞は、単独で使われることはありません。
中学では”程度”を表すことが多いです。 often(しばしば・たびたび)
usually(たいてい・ふつうは)などは、一般動詞の時は前に置き、be動詞の時は後ろに置くと、決められています。
こういう決まり事を覚えていかないと、段々と点数が下がってきますから注意しましょう。
Yesの後や No の後ろの ,(カンマ)や 。(ピリォド)が無かったり、
複数計の s を忘れているなど・・・ -(マイナス)1点が積もり積もってこんなはずではなかったのに・・・
答案が返ってきたとき・ガ・ッ・カ・リ・することの無いように、細心の注意を払ってくださいね。


月曜日に”複数形”のことを書きます。これも、超重要単元です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sakka-juku.asablo.jp/blog/2021/09/11/9422145/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。