決めたこと出来ていますか?2021年03月17日

和歌山市の個別学習塾 咲花の藤田です。

今日は、あるコーチングの先生の記事をお伝えさせていただきます。

■決めたことは大切に!

人間ですから、色んなことを決めても上手くいかないことがあります。でもその時にどのように思うか?
「~出来なかった」か「~しなかった」か、この二つの違いは大きいです。

私のコーチングを、月1回受講中の33才の女性Aさんの話をします。先月、彼女は「1ヵ月で2kgのダイエットを実現する」と宣言しました。しかし今月、席に着くなり「残念ながら出来ませんでした」と。
その理由は「会食の機会が多くて、美味しい料理を沢山食べてしまった。さらに忙しかったのでジムにも行けなかった」。ここで終われば何の学びも生まれませんので、確認及び質問をしました。
・会食に行くこと、何故少し自粛しなかったのか。
・参加しても食べることを何故控えなかったのか。
・沢山食べても、次の日はいつもより食べることを減らさなかったのか。
・月に一度ぐらいは、ジムに行けなかったのか。
・行けなくても自宅で運動はしなかったのか、等々。
私はこれらのことをAさんが「~出来なかった」のではなく、Aさんの意思で「~しなかった」のではと思いました。そしてそのように伝えてから「いかがですか」と問いかけました。
Aさんはしばらく沈黙後、「本当にやる気があれば、どの環境でも出来ますね」と返事がありました。
(コーチングの本番ではもう少しソフトに行っています、念のため。)

私(記事を書かれたコーチングの先生)も若い時、たくさんの「~出来ません」を持っていました。
例えば、整理整頓をしたいのですが「出来ない」と思っていました。その理由は、書類がたくさんたまってくる、忙しいから時間が取れない。原因は自分にあるにもかかわらず、自分ではないと思っていましたので、いつまでたっても「~出来ません」です。でも、自分がその気になれば出来ると教えていただき、1日5分整理整頓の時間を作る、ファイルを有効利用することで、改善されました。


「~出来ない」とは
1・出来ない原因は自分にあるのに、他に押し付けている。
2・「~出来ない」と思っている方が安心する。
3・やる気が低い。
4・他律的(他からの命令によって行動する事)に生きている。

「~しない」とは
A・原因は他ではなく、自分にある。
B・自分が「~しない」ことを選択している。
C・その気になれば出来る。
D・自律的(自分で自分を律する事)だ。


皆様は、どれに当てはまりますか?
私は、2とCが耳に痛いです・・・

こういう風に教えてもらうと”自覚”が生まれることが、いい事だとおもいます。
ついつい、目の前の事象にとらわれて ・ま・あ、・い・い・か・と流している自分があります・・・

  ″喝”ですね!!

春期講習 小学校1年~6年 各2名 中学校1・2年 各4名 中学校3年生・2名 募集中です。
先着順ですので、お早めに。